アパレル不振の根源「作りすぎ」、作らなければ利益激減 この二律背反を解決する方法

河合 拓
Pocket

「作りすぎ問題」を解決する3つの方法

問題解決の方法は大きく3つ(kitzcorner/istock)
問題解決の方法は大きく3つ(kitzcorner/istock)

 それでは、この「作りすぎ」の問題に我々はどう向き合えば良いのか

1.放置し自然淘汰に任せる

 残念だが、これが最も現実的な解だろう。競争力のないアパレル企業は、いくら商品をつくっても余剰在庫となり現金は枯渇する。やがて、キャッシュフローが回らなくなって破産する。もし、その企業に付加価値があれば、必ず買い手が現れる。現れなければその会社は寿命を迎えたということだ。こうして、「神の見えざる手」によって、需給バランスは保たれる。いわゆる金融主導の業界再編もこれにあたる。新型コロナウイルスは、そのスピードを速めたということかもしれない

2.アパレルビジネスから撤退する、あるいは大きく縮小する

 実は、資金力のある大手企業の中には、衣料品比率を下げてプラットフォーマーになる、あるいは、D2Cのような、固定費の軽いスタートアップのインキュベータになるという道を選択しはじめる企業は少なくない。私は、いわゆるGAFAMという最下層の汎用プラットフォームの上に、様々な戦略やデータを活用した、独自性を持つ二階層マルチ・プラットフォームができあがるという考えを持っている。世の中が不況になれば、金転がしと土地転がしが増える。これから、特にファッションビルなどはデベロッパーとなり、カードなどの金融ビジネスに軸足を移すだろう。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media