日本のチェーンストアの育ての親、日本リテイリングセンター渥美俊一が「釣りを最高の接待」としていた理由

2020/10/20 05:58
千田直哉

ダイエー、イトーヨーカ堂、イオン、吉野家、すかいらーく、日本マクドナルド…… 日本を代表するチェーンストアの創業者、経営者が理論的支柱としてその拠り所としたのが日本リテイリングセンター(通称ペガサスクラブ)。ペガサスクラブを率いた同センターチーフコンサルタントの渥美俊一先生は、日本のチェーンストアの育ての親と言ってよい。今回は、渥美先生が語った、釣りにまつわる小咄を紹介したい。

 

釣りの仕方には人格が表れる 

日本リテイリングセンター チーフコンサルタントの渥美俊一氏
日本リテイリングセンター チーフコンサルタントの渥美俊一氏

 ルーレットや麻雀などのギャンブルやテニスやゴルフのスポーツなど、個人のプレースタイルに人格が表れてしまう遊戯・競技は少なくない。

 日本リテイリングセンターチーフコンサルタントの渥美俊一先生は「“釣り”の仕方には人格が現れる」と言っていた。

 だから、コンサルティング契約を結んでいる企業のトップを時折、釣りに誘った。

 釣行は、レクリエーションとしての一面もあったが、もうひとつの大きな目的は、“人格観察”である。

 たとえば、入れ食い状態でバンバンと釣果があがれば、各人やることには大きな差が開かない。

 けれども、釣りは大自然を相手にしているので、まったく釣れないことも多い。その時にどんな対応をするのかをじっくりと見ている。

 釣れないからと、早々に諦めてしまう人、同行の部下に八つ当たりする者、場所を変えるなど工夫をこらす者、その場でひたすら継続する者――。釣りとの向き合い方には個人差がかなり出るのだという。

 取り組み姿勢があまりにも不真面目なので、「この人、経営者として大丈夫かな?」と三角マークをつけていたら、後日、その企業がどんどん傾いていったなどということは一度や二度ではない。 

 たかが釣りなのではあるが、そうとも言っていられない側面もある。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media