日本のチェーンストアの育ての親、日本リテイリングセンター渥美俊一が「釣りを最高の接待」としていた理由

千田直哉
Pocket

釣りを通した資本提携も その背景には?

 渥美先生は、釣りのなかでも「サーモンフィッシングこそ接待の王様」と言っていた。

 川岸に宿を取り、そこを拠点にボートでサーモンフィッシングのポイントに繰り出す。「ゴルフよりも遥かに充実しているし、会話もたくさんできるのでサーモンフィッシングで接待する欧米のエグゼクティブは少なくないんだ」(渥美先生)。

 そのメッカはカナダと遠いが、コンサルティングをしている企業のトップたちを海外に連れ出す機会も少なくなかった。

 ロッジから2人1組でボートに乗せる。大自然の絶景を前に同じペアが2日間も顔を合わせ続けると変化が起きてくる。

 2人とも釣れない場合、初日と2日目と釣れる人が異なる場合、2日間とも同じ人が釣れる場合…いずれの場合も、2人の間には一種の仲間意識が生まれるのだという。

 先生は「このことが契機になっているかどうかは証明できないので何とも言えないが…」と前置きをしたうえで、「帰国後に同じボートに乗った2人の企業が、業務提携や資本提携に走ったケースもあった」ことを教えてくれた。

 ウォルマート創始者である故サム・ウォルトンとPG社の営業担当副社長(当時)であったルー・プリチェットがスプリング・リバーでの2日間に及ぶカヌー下りを通じて、戦略的同盟関係を構築したことを彷彿させる。

 しかし、もし、提携促進を意図して、乗船者2人の組み合わせを決めていたとしたら――。

 

 “釣り”は先生の最高の接待ということができるかもしれない。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media