アフターコロナで生き残る店、消える店

2020/06/09 06:05
成田直人

こんにちは、成田直人です。全国的に緊急事態宣言も解除になり、少しずつ街に人通りが戻ってきましたね。「これでようやく以前のような売上に戻る」と思っている方もおられると思いますが、そう簡単ではには戻りません。今回は、「アフターコロナで生き残る店、消える店」と生き残るためにやるべきことを解説したいと思います。

marchmeena29 / istock
marchmeena29 / istock

なぜ、売上は戻らないか?

 なぜ、売上は以前の水準に戻らないのでしょうか?

 それは今回のコロナ禍で、多くの人がオンラインの便利さに気付いてしまったからです。

 もちろん、アフターコロナに消費活動は一瞬爆発します。みんな実店舗でお金を使う習慣を制限されたわけですから、買い物をするお客様は増えるのです。現に、千葉県木更津市にある「三井アウトレットパーク木更津」は5月29日から営業再開したのですが、、オープン前から駐車場は埋まり、店前で並ぶお客様で溢れていました。

 しかし、この恩恵を受け続けられる商業施設・店舗は限られると思っています。なぜなら、これまでオンラインショッピングをしたことがない人がオンラインショッピングをはじめたからです。「安い」「便利」ということに気づいたのです。実店舗ビジネスの難易度は上がっていくのです。

 では、「アフターコロナで生き残る店と消える店」の違いは何でしょうか?今後の先行きを象徴する出来事が、先日、居酒屋大手のワタミが発表した65店舗閉店というニュースです。「立地」「低価格」という従来の実店舗の強みは今後なくなっていくのです。つまり、これまで勝ち続けられたビジネスモデルでは生き残れない時代に突入したのです。特に飲食業はこの煽りを受けることでしょう。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media