リアル店舗が生き残るために店長が注力すべき3つの取り組み

2021/01/27 05:55
成田直人

こんにちは、成田直人です。新型コロナウイルスの感染拡大により、世界はそれ以前とはまったく異なったものになりました。オフラインの多くはオンラインに移行し、今後5Gが普及すればその傾向はますます加速していくことでしょう。そうしたなか、リアル店舗はどのように生き残ればよいのでしょうか。今回は店長が取り組むべき3つのことにフォーカスして解説します。

JGalione/istock
JGalione/istock

店長自身の心を常に穏やかに保つ

 1つめは、店長自身が穏やかな心で仕事に臨むことです。売上不振になると、多くの店長が不安・不機嫌になります。ここ数カ月の当社のクライアントとの面談では、売上が厳しい店舗の店長は皆、気分が落ちて口数少なく「お客さんが来ない…」「コロナ対策しているのに…」と自暴自棄になっています。

 この影響を最も受けるのはスタッフです。一緒に働く従業員は、店長の機嫌によって仕事のモチベーションが左右されてしまいます。だからこそ、店長はどんな状況下にあったとしても穏やかな心で仕事に臨むことが重要です。

 現に当社のクライアントを見ても、繁盛店では店長がスタッフに「大丈夫!」と安心させるような言葉を投げかけています。本人にその根拠を聞くと、当然ながらリスクヘッジ策を持ち合わせているほか、「自分自身が不安になれば必ずスタッフも不安になるため、自分自身が成長して不安に対峙できるだけのアイデアを練る毎日だ」とのこと。これだけ社会情勢が変わっても揺るがない自信を構築するには、己の鍛錬が重要なのだと痛感しました。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media