NTT、ゼンリンと資本業務提携 スマートシティーなど視野

2020/03/27 12:00
ロイター

NTTのロゴ
3月26日、NTTは26日、ゼンリンが実施する第三者割当を引き受けることにより、同社の普通株7.32%を取得すると発表した。写真はNTTのロゴ。2018年7月、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 26日 ロイター] – NTTは26日、ゼンリンが実施する第三者割当による自己株処分を引き受けることにより、同社の普通株7.32%を取得すると発表した。ゼンリンは約45億円を調達する。

資本業務提携を結ぶことで、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の活用が広がる時代に向け、自動運転、スマートシティーの分野で協力するなど、地図の高度化に取り組むという。

NTTは24日、トヨタ自動車とスマートシティー事業で継続的な協業関係を構築するため、業務資本提携で合意したと発表。スマートシティーの運営を共同推進するための資金調達に向け、4月9日付で相互に総額2000億円の普通株式を取得するとしている。

トヨタはゼンリンの第2位株主でもあるが、NTTの広報担当によると、現段階では3社によるスマートシティー事業での具体的な計画はないという。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media