セブン&アイ、NTTグループから再エネ電力を調達、国内初のオフサイトPPA

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

アリオに設置された太陽光発電パネル
店舗の屋根や屋上に太陽光発電パネルを設置するオンサイトでの再エネ発電に加え、オフサイトからの調達を増やすことで二酸化炭素排出量の削減につなげる

 セブン&アイ・ホールディングスは4月から順次、グループの一部店舗でNTTグループから再生可能エネルギー電力を調達する。NTT子会社が新設するセブン&アイグループ向け専用の太陽光発電所と既設の太陽光発電所から長期契約で電力を調達し、店舗運営に使用する電力を100%再エネでまかなう。

 対象は、「セブン-イレブン」40店舗と大型商業施設の「アリオ亀有」(東京都葛飾区)。NTTグループが持つ遠隔地の発電所から送配電網を介して再エネ電力を調達する「オフサイトPPA(電力購入契約)」を結ぶ。企業がオフサイトPPAで再エネ電力を調達するのは、国内初。

 NTT子会社のNTTアノードエナジー(東京都千代田区)が、千葉県内にセブン&アイ専用の太陽光発電所を新たに設置する。新設する太陽光発電所からの供給不足分については、NTTグループが所有する既設の太陽光発電所から供給する。

 セブン&アイグループではこれまで、店舗の屋根や屋上に太陽光発電パネルを設置して、使用電力の一部をまかなうオンサイトでの再エネ利用は一部店舗で行っているが、オフサイトPPAも活用することで再エネ利用の比率を上げていく。同グループは、2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする目標を掲げている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media