落語家・立川志ら乃のスーパーマーケット徒然草 第14回 私が「浅漬け野郎」になるまでの軌跡

2020/09/10 05:55
立川志ら乃(落語家)

灼熱の日々が落ち着き、朝夕は秋の気配も少し感じられるようになった今日この頃。スーパー大好き落語家・立川志ら乃師匠は突如「浅漬けづくり」に熱中していて――。

かみさんの「ぬか床開始宣言」に猛反発も、新宿ルミネの無印へ「ぬか探し」に

 「四十歳を過ぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう」  ~リチャード・フェヴレルの試練~より

 実際この本を読んでいないので細かいニュアンスはよくわかりませんが(!)、「知らない間に新しいものを受け入れにくい体になっていく」というような感じでしょうか。

 スーパーでも、自分が現在興味のない商品は、店内の目に付くところにあったとしても、その存在をなかなか認識しにくいものです。すべての情報が常に同じ分量で入って来たら大変なので取捨選択は絶対に必要ですが、取捨選択の精度や質を上げるには、新しいものを見る機会を定期的に設けた方がよさそうです。

 私自身、思い込みの激しい性格&50歳手前という状態なので、上記を踏まえて「周囲の人が興味を持っているもので、私自身まったく興味を持っていないもの」に日々寄り添ってみよう!とした結果を今回はお伝えします。

 ことの発端は、かみさんが言い出した「無印良品のぬか床」。

 「ぬか床やってみようかな」とかみさんが言った時に私は猛反発しました。

 こう言っちゃあ失礼なのですが、かみさんは家事をきっちりやるタイプの人ではありません。空気清浄機の掃除は一回もやったことがないし、布団を自ら干すという姿も見たことがありません。

「浅漬け野郎」になるきっかけをつくったとも言える、無印良品の「発酵ぬかどこ」
「浅漬け野郎」になるきっかけをつくったとも言える、無印良品の「発酵ぬかどこ」

 そこに文句はありませんが、上記のような“生態”を踏まえると、ぬか床の管理を私がすることになるのでは…という嗅覚が働いたのです。ネットなどでの薄い情報をもとにした想像ですが、「ぬか床は毎日かき回さないと大変なことになる」というイメージが強く、「ペットを飼う」と同様の手間が掛かると思ってました。

 「どんなことになろうとも、私はぬか床に関して一切関わり合いを持たない!」

 と宣言をしたものの、それでも当人は一度やってみたいと言うので新宿ルミネにある無印良品へ。すぐにかみさんが欲しいと言っていたぬか床1キロを発見。その横には追加用のぬかが売られており、「ぬかって継ぎ足していくものなんだ」と初めて知ることに。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media