落語家・立川志ら乃のスーパーマーケット徒然草 SMトレードショーでのど飴に救われた話

立川志ら乃(落語家)
Pocket

不安を抱えつつトレードショーへ参戦!

さすがにこれは貰っていいだろ!ということで手にした会場マップ
さすがにこれは貰っていいだろ!ということで手にした会場マップ

 日本のスーパーマーケット業界の一大イベント、「スーパーマーケットトレードショー2022」に行ってきました!

 「トレードショー」って何が行われる場所のことを指すのかイマイチよくわからないまま、本連載担当者へ「私も参加できますか?」と打診したところ、すぐに返信が。「連載執筆のヒントになれば」ということで、招待状を渡してもらえました。

 もっとも、「なんだか楽しそう!」くらいの気持ちでメールを出したので、「まぁ一応調べておくか」と検索。すると段々、足を踏み入れては行けない場所に向かうことになるのでは……という恐怖心が芽生えて来たのです。

 まず「スーパーマーケット関係者のみの入場」で「一般参加不可」とある。一応この原稿を書いているからスーパーの関係者……でいいのか? そして事前登録必須、当日必ず名刺をご持参くださいとのこと。

 (名刺持ってねぇ!!!)
 (事前登録の段階でハジかれそう!!!)

 などなど、心配だらけの状況に。この辺りのことは長くなるので自分の独演会の時にでも話すことにして、結果を先に申し上げますと無事入場できました。

 とはいえ、入り口横に「サンプル目的不可」など主催者側の強い意志を感じる貼り紙が目に飛び込んで来て、ほんの少し背筋が凍りました。

 別にサンプル目的で来たわけじゃないんだけど、結果としてサンプルを貰っただけの人になってしまう可能性があるという恐怖心が拭えない。なので何かを渡されそうになったら、「いや、そういうことで来たんじゃないんで」という態度を取ればきっと許してくれるだろうと念じながら入場口に近づき、そこに置いてあった会場マップを「さすがにこれは貰ってもいいだろう」と地図を手にして足を進めます。

 

元来の人見知りを発揮し「あなたはいったい何者?」的な視線に怖気ずくも……

 一般参加不可ということは、出展者側もいわゆるお客さんを相手にする日ではなく、「商談相手」にアピールするために来ているということ。参加者は名刺を入れた透明のケースを胸に下げるのが約束事。なのでブースに近づくと多くの出展者の方はまず第一に必ずその名刺を見て来ます。

 そして大体、「えっと……メディアで連載とかをされている方なんですか?」みたいな困惑顔になるのです。

 私も「すいません、バイヤーとかじゃないんです…で、あの、その……」としどろもどろに。っていうか、スーパー関係者以前に「人見知りで営業苦手」みたいな私はこのイベントに向いてない!!!

 何回か連続で上記のようなことが起き、あっさり心が折れ「もう帰っちゃおうかな」みたいな感じでしょんぼり歩いていると、 

 「どうぞこちらお持ち下さい!!!」

 と笑顔でサンプルやチラシを渡して来る出展者の方々が。

 「お前らはオレをサンプル目的の入場者にするつもりか!!!」

 とまではもちろん思いませんでしたが、48歳年男がこのまま帰るわけにも行かないと、トレードショーとの関わり合い方をしばし考察してみたのです。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media