落語家・立川志ら乃のスーパーマーケット徒然草   第2回 オーケーとマルエツプチが落語人生を変えた!

2019/07/04 05:00
立川志ら乃(落語家)

道中の坂がきついという理由で、十数年通い続けたオーケーストアからマルエツプチに鞍替えした立川志ら乃。“マルプチ”で人生初のハーゲンダッツ購入を経験し、その値段がネットで見た最安値とほぼ同じということに思わずニンマリした数日後のお話…。

前回の記事はこちら

 オーケーさん、ごめんなさい。

オーケー外観

 どういう経緯かは忘れましたが、めちゃくちゃ久しぶりにオーケーに行くことに。入店してしばらくしたのち、前回ハーゲンダッツの件を思い出すのです。

 「オーケーに随分通っていたけど、アイスのコーナーをちゃんと見たことなかったな。ちょっと見てみるか…」

 オーケーに通っていた時のお決まり店内ルートで行くと、いつも終盤にたどり着くアイスのコーナーでしたが、その日はそんなことお構いなしに直接現場に向かいます。今考えれば、何となく決まったコースをわざわざ変えるということに快感を覚える人生が、この時すでに動き出していたのだなと思います。

 「っていうか、オーケーにハーゲンダッツってあるのか? せめて『レディーボーデン』ならあるかな…」

 と、各方位に失礼極まりないことを考えながらアイスのコーナーに…あるあるある!ハーゲンダッツがある!しかも定番商品だけではなく、最新の期間限定商品も!!そして値段を見ると…

 

179円」

 

 ………179円?

 

 ひゃくななじゅうきゅうえん…??

 

 179179円……!!

 

 しかもそれはセールなどではなく、常日頃からその値段で売られているとのこと。皆さんは人生で、比喩ではなく膝から崩れ落ちたことはありますか?私は危うくこの日現実に体験するところでした。もちろん踏みとどまりましたが。

 私が愕然としたのは、(マルプチと比べて)50円損した!ということに対してではありません。これまでの十数年、この事実を見逃していたという自分の視野の狭さ、嗅覚のなさに対する激しい落胆なのです。一応エンターテインメント的なことを日々やっているはずの人間が、ぼんやり生きていたという現実。本当にショックでした。

 「そんなことで落ち込むのか?ネタだろ」

 と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、約2カ月、驚くほど塞ぎ込みました。いろんな人にこのことを喋れば気も晴れるだろうと思い、方々でしゃべりましたが全然ダメ。

 唯一の回復の手立ては、

 「あれ?何を落ち込んでらっしゃるんですか?…なるほど、アイスの値段のことですか。でもあれですよね、あなたは十数年私どものスーパーに通って下さっていた方ですよね、その方が気が付かないということは、こちらの努力不足ですよ。値段さえ出しておけば、誰もが目にとめると思ってましたから。でもそうじゃないんですよね。たまには値札の位置を変えてみるとか、少し工夫が必要だったかもしれません。だから全然気にしないでくださいよ!それよりもこれからも是非うちに通って下さいよ!」

 というフォローをオーケー側からいただくほかないなと。でも、そんなことはあるはずもなく…。

 次のページは
寄席で披露してみると予想外の展開に

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media