落語家・立川志ら乃のスーパーマーケット徒然草 第1回 私がスーパーマーケットに「恩返し」したい理由

2019/06/18 05:00
立川志ら乃(落語家)

落語家・立川志ら乃。立川志らくの直弟子として、落語立川流を背負って立つ新進気鋭の噺家だが、無類の「スーパーマーケット愛好家」としての一面も持つ。愛するスーパーマーケットについて、噺家ならではのユニークな視点と小気味良いテンポで語り倒してもらう本連載。記念すべき第一回は、そもそもスーパーが好きになったきっかけについて。

 

そうそうたる顔ぶれの噺家を前に…

立川志ら乃

 三年前、とある業界注目の落語会。私を含め4人の出演者。出番は三番目。会の数日前から、この会で爪あとを残せる気が全くせず、意識が遠のいていく瞬間の連続。理由は次の通り。

 その日のトップバッターは古今亭志ん八。現在は真打ちに昇進し志ん五を襲名。いわゆる寄席の「ふわっ」とした芸風。どんな状況でも客席を穏やかな雰囲気にしてしまう。「温かみ」という武器では絶対に勝てない。

  二番手は立川吉笑。立川流の後輩。しかも10年以上後輩。しかし新作落語の旗手として現在Eテレの番組に出演するほどの勢いのある若手。落語本編に入る前の「マクラ」の部分から攻めの姿勢で作り上げてくるに違いない。刺激、変化球という手法では敵わない。

  三番手の私を挟んで、会のおしまいに高座を務めるのは、現在天狗・・・いや、飛ぶ鳥を落とす勢いの神田松之丞。当時はブレイク前夜ではあったものの、業界注目株であったことは間違いないし、その実力は悔しいけれども認めざるを得ない。つまりは私が何をやろうとも、松之丞に吹き飛ばされること必至。

 「私の落語では勝てない」。当時の私はそう強く感じました。それは頭でっかちで、かっこつけた人生を歩んで来たつけが溜まっていたためだと思い知らされました。

 自分の人生をぶつけて勝負している人たちと横に並んだことにより、自分は「そう」なってないことに気が付いた、いや気が付かされたのです。

 ではどうするか。考えました。本当に考えました。

 そしてたどり着いた答えが、「どんな結果になろうとも、今一番心に思っていることを叫んで来よう」というものでした。これでダメならこの日は諦められるという心の叫び。

 その”叫び”の内容はスーパーマーケットで感じた、ある日の出来事だったのですが…。

次のページは
マルエツプチで過ごす至福のとき

1 2 3

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media