ウエルシア 食品の納品期限緩和でフードロス削減へ

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

 ウエルシアホールディングス(東京都)は8月23日、フードロスの削減に向け、9月1日よりグループ内のドラッグストア全店において、加工食品の納品期限の緩和を実施すると発表した。

 従来、同社では「3分の1」ルールを適用しており、メーカーから店舗までの食品の納品期限を賞味期限の3分の1の期間とし、店舗での販売の見切り開始を賞味期限の3分の2に達した時点としてきた。しかし、この運用により廃棄される商品が発生し、フードロスが問題となっていた。

 新たに導入する「2分の1」ルールでは、メーカーからの納品期限が賞味期限の2分の1の期間に延長される。これにより、商品の販売機会が増え、フードロスを削減する。対象商品は、主にマヨネーズ、ドレッシング、パスタ、調味料、缶詰、お茶など約1万5千商品となっている。

 この取り組みは、同社グループのウエルシア薬局、丸⼤サクラヰ薬局、シミズ薬品、クスリのマルエ、よどや、ププレひまわり、コクミン、ふく薬品の全店で実施される。

ウエルシアが導入する「2分の1」ルール

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態