7月の百貨店売上高、全社プラス=ブランド品・浴衣好調

時事通信社
Pocket

伊勢丹新宿店外観
三越伊勢丹ホールディングス(HD)など百貨店4社が1日発表した7月の既存店売上高(速報)は、全社が前年同月比でプラスだった。

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)など百貨店4社が1日発表した7月の既存店売上高(速報)は、全社が前年同月比でプラスだった。海外ブランド品など高額品が引き続き好調なことに加え、花火大会や夏祭りが4年ぶりに多く開かれ、浴衣が売れた。

 伸び率は、三越伊勢丹HDが14.5%、大丸松坂屋百貨店が11.6%、高島屋が12.8%、そごう・西武が4.1%。訪日外国人客の購入を示す免税売上高も、各社が大きく伸ばした。

  商品別では、ボーナス支給も追い風にハンドバッグなど高級ブランド品が好調。浴衣やワンピースが伸びた他、猛暑続きでサングラスや帽子の売れ行きが良かった。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態