無印良品、紙製ショッピングバッグを有料化 9月から1枚10円

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

無印良品の有料化される紙袋
紙袋のサイズに関わらず1枚10円(税込)で販売する

 良品計画は9月1日から、「無印良品」店舗での紙製ショッピングバッグの無料配布を終了し、有料化する。袋のサイズに関わらず1枚10円(税込)で販売する。マイバッグの持参を推奨し、ごみの削減につなげる。

 同社では2019年6月から、レジ袋を辞退した客に「MUJIパスポート」のマイルを付与していたが、20年3月からはプラスチック製のレジ袋を廃止し、紙製のショッピングバッグのみに切り替えた。その結果、21年度のマイバッグ持参率は77%となった。

 無印良品の店舗では、成長が早く、短期間で収穫が可能なジュートを素材にした「ジュートマイバッグ」など各種のマイバッグを販売するほか、150円のデポジット(保証金)を払って使うシェアバッグ「再生ポリプロピレンバッグ」も用意している。不要になったシェアバッグを店舗に返却すると、デポジットが戻ってくる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media