「全品、定価の半額以下」で4年連続40%成長!アウトレット店「222」とは何か

2023/10/20 05:59
聞き手:中原 海渡 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
構成:編集プロダクション雨輝(ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

コロナが猛威を振るう2020年末、新宿の一等地に華々しくオープンして話題をさらった滋賀県発のアウトレット店「222(トリプルツー)」。廃棄されるはずだった新古品や未使用品を扱い、「全品、定価の半額以下」で販売する。初号店をオープンした18年から毎年、対前期比約140%で売上を伸ばし続けている。数多あるアウトレット店とは「競合しない」と言い切る、運営会社のガットリベロ(滋賀県/荒木伸也社長)代表に好調の理由を聞いた。

一期一会の商品に「宝探し」気分

店舗内観①
店舗内観

 アウトレット店「222」は、加工食品や日用品、衣料品、家電製品、ヘルスケア&ビューティ、本・ゲーム・音楽などを販売する。18年に1号店を滋賀県に出店し、現在は関西で10店舗、関東で8店舗、全18店舗を展開している。すべての商品が「訳あり品」で、メーカー希望小売価格の半額以下で販売されているのが特徴だ。

 「222」はメーカーや卸売業者、運送会社などから「訳あり品」を仕入れている。たとえば外箱が破損したりネット通販で返品されたもの、時季が過ぎた季節商材、賞味期限が迫った食品など、従来は廃棄されていた商品だ。お客にとっては「問題なく使用できる新古品・未使用品」が定価の半額以下で買えることから、初出店後、多くの反響を呼んだ。

店舗内観②
店舗内観②

 「222」事業が成功したポイントは、メーカーがこれまでやむなく廃棄していた商品に目を付けた点だ。たとえば食品は、賞味期限が迫ると卸売業者や小売店と取引ができなくなる。容器に傷ができた化粧品やネット販売で返品された開封済みの商品は、再検品やリパックに手間や経費がかかる。これらの商品は従来、メーカー側が費用をかけて廃棄していた。

 ガットリベロの荒木伸也社長は「こうした『もったいなさ』に目を付け、廃棄品を一括で買い取ってアウトレット品として売るビジネスを始めた」と語る。

 一部、販売できない商品が混じっていたとしても、さまざまなカテゴリーの商品を一括で買い取るのが「222」の基本的なスタンスだ。扱う商品は10 万種類以上と多岐にわたり、1点限りという商品も珍しくない。時期によって仕入れ先の事情が異なるため、各店が店頭に並べる商品数やジャンルは大きく異なる。売り切れたら再入荷される保証はないため、一期一会の“お宝探し感”を楽しむお客が多いという。

 初出店から2年後の20年、事業が波に乗ると東京都新宿の丸井新宿東口ビルに関東1号店を出店し、メディアを賑わせた。同ビルは入居後の約1年後に解体が決定していたが、荒木氏は広告効果を主な目的に出店を決めた。すると案の定、多くのメディアから取材依頼が殺到し、関東進出の狼煙としては十分な効果を発揮したという。

店舗外観
店舗外観

1 2

聞き手

中原 海渡 / ダイヤモンド・チェーンストア 記者

神奈川県出身。新卒で不動産仲介業の営業職に就き、その後ライター/編集職に転身。

2022年10月に株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア入社。ダイヤモンド・チェーンストアオンライン編集部記者として記事執筆・編集を行う。

趣味は音楽鑑賞(ポップス/ロック)と、最近はレコード&カセット収集。フィジカルメディアが好きで、本も電子書籍より実物派。

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態