米スタバもロシア撤退=ウクライナ侵攻長期化で

時事通信
Pocket

スターバックスの看板
米コーヒーチェーン最大手スターバックスは23日、ロシア事業から撤退すると発表した。(i-stock/mattjeacock)

 【ニューヨーク時事】米コーヒーチェーン最大手スターバックスは23日、ロシア事業から撤退すると発表した。約15年にわたって営んできたが、ロシアによるウクライナ軍事侵攻の長期化を受けて決断した。

 米ファストフード大手マクドナルドも16日、ロシアからの撤退を表明。日米欧などの企業による「ロシア離れ」の動きが加速している。

 スターバックスは2007年にロシアに進出し、ライセンス契約を通じて約130の店舗を展開。しかし、侵攻に抗議して今年3月からロシア事業を停止していた。

 米メディアによると、スターバックスのロシアでの売り上げは全体の1%未満という。撤退費用の規模などは公表されていない。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態