2018/12/16

【イオン】仏ビオセボンに出資、有機商品など共同開発へ

出資に伴い、ビオセボンSASが新たに設置する戦略委員会にイオンは委員1人を派遣、有機商品の共同開発などを進める。

 

 イオンは12月13日、フランスを拠点に有機食品スーパーを展開するビオセボンSAS(パリ)に出資すると発表した。出資比率や出資金額は明らかにしていない。


 イオンはビオセボンSASのベルギー親会社と2016年5月に合弁会社ビオセボン・ジャポンを設立、同年12月に国内1号店「麻布十番店」(東京都港区)をオープンした。


 出資に伴い、ビオセボンSASが新たに設置する戦略委員会にイオンは委員1人を派遣、有機商品の共同開発などを進める。


 ビオセボンSASは18年11月時点で120店舗を展開する。一方、イオンは12月14日に国内8号店となる「横浜元町店」(横浜市)を出店した。