ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年11月20日

【オイシックス】
ヤマト運輸と共同で農産品物流の効率化プロジェクト

 農産物宅配大手のオイシックスドット大地(東京都品川区)は、ヤマト運輸と共同で農産品物流の効率化プロジェクト「ベジネコ」を始めた。

 

 オイシックスドット大地は2700人の契約農家から商品を仕入れているが、同社の物流センターまでは生産農家が個別に配送の手配をしている。このため、配送業者を探したり、事務作業したりするのに手間がかかっている。ヤマトの全国約4000ヵ所の営業所を活用することで、生産農家の納品物流を統合し、オイシックスの物流センターに一括納品する仕組みを構築するなどして、物流の効率化を図る。オイシックスは倉庫内作業が削減できるメリットがあり、ヤマトはドライバー不足対策につながる。

 

 プロジェクトは10月から山形県内の生産農家が参加してスタート、来年春までテスト運用を続ける。2018年1月からは宮崎県でもテスト運用を始める予定。

 

フラッシュニュース〈経営〉

DRM online 関連記事

Special topics