第1回 どうやってデジタル活用を始めたか

Pocket

グッデイ流 デジタル活用実践術

デジタル活用を重点施策の1つに掲げるものの、なかなかうまくいかない企業が多い。本連載では、ホームセンター(HC)業界を代表するデジタル先進企業のグッデイ(福岡県)の柳瀬隆志社長に、どのようにデジタル活用を実践しているのかを解説してもらう。

ゼロからのスタート

 まったく何もないところからのスタートでした。

 私は2008年にグッデイに入社しました。当時はメールアドレスもなく、ウェブサイトもなく、まったくIT化が進んでいない状況でした。1990年代にPOSシステム、在庫管理、売上管理システムは導入していましたが、その数字を分析するということもありませんでした。

 もともと文系で、ITに詳しいわけではありませんが、この状況は良くないだろうと思い、まず、ドメインを取得し、メールアドレスを使えるようにして、ウェブサイトを作成しました。一方で、基幹システムの方はどうしたらよいかわからなかったため、2014年まで放置し、これまでの仕組みを使ってきました。

 改革に取り組み始めたのは2015年2月からです。当時、クラウドサービスが少しずつ取り上げられるようになりました。最初に無料版のAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)を使ってみました。

 また、BIツール(基幹システムで生成したデータを加工するツール)の「タブロー(Tableau)」を使ってみました。これはデータ分析ツールで、POSや売上管理のデータを読み込ませると表やグラフで視覚的にわかりやすく見ることができます。タブローを使い始めてからいろいろな分析ができるようになりました。

仲間を増やす社内の勉強会

グッデイ
グッデイは九州北部を地盤とするホームセンターだ。

 次に取り組み始めたのは、社内での仲間づくりです。

 経営企画室のメンバーにタブローを紹介し、試しにいろいろと分析してもらいました。POSや売上管理のデータだけでなく、天候や店舗でのイベントなど取り入れるデータソースの充実を図りました。

 それから営業本部の若手社員も仲間に加え、2015年6月から週に1回の勉強会を始めるようになりました。週替わりで社員が先生になって、ほかのメンバーに教えるというものです。この勉強会によって少しずつ社内メンバーの意識変革が行われ、ある程度のデータ分析ができるようになりました。

 バイヤーにもタブレットを支給し、2016年には取引先にもデータを公開し、どのようにすれば売上高をアップできるのかといった提案もするようになりました。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media