三越伊勢丹のデジタルシフトを推進! 百貨店らしい、デジタル子会社のアジャイル開発とは

太田美和子
Pocket

三越伊勢丹ホールディングス(以下三越伊勢丹HD、東京都/代表執行役社長 CEO 細谷敏幸)がデジタル・トランスフォーメーションを加速する。グループ傘下のITサービス開発企業であるアイムデジタルラボがその促進剤となっている。足形に合った靴を提案する「YourFIT365」、新型コロナウイルス感染拡大によって注目されるオンライン接客アプリ「三越伊勢丹リモートショッピングアプリ」をリリースして成果を上げている。

オンライン接客アプリをスピード開発

アイムデジタルラボHP
アイムデジタルラボの体制と三越伊勢丹グループとの協業体制

 「新しいお買い物体験が始まります」――。20201125日、三越伊勢丹HDはオンライン接客サービス「三越伊勢丹リモートショッピング」をスタートした。独自開発のアプリで、チャットやビデオによる接客が受けられる。自宅やオフィスに居ながらにして、まるで百貨店の売場にいるかのような買物ができるサービスだ。

 三越伊勢丹HDはこのサービスを実現するためのアプリを自社開発した。開発を始めたのは、20年7月のことである。通常、アプリ開発には企画立案からリリースまで1年から2年かかるものだが、わずか3か月でこれをやってのけた。三越伊勢丹HDはいかにしてこれを成し遂げたのだろうか。

 「お客さま視点でデジタル・サービスを考え、まずは必要最低限の機能でスタートする。小さく始めて、毎週のように改善を繰り返す。そうした考え方やプロセスで開発を進めています」。こう話すのは、「三越伊勢丹リモートショッピング」アプリを開発したアイムデジタルラボ(IM Digital Lab:以下IMDL)代表取締役社長の三部智英氏だ。

 これまで、デジタル・サービスの開発には、大勢の関係者が関わるうえ、最初から多くの機能を搭載することを目指すのが一般的だった。そのため、すべての機能を完成させてリリースするまでにどうしても長い時間がかかってしまっていた。一方、IMDLは少人数で意思決定し、最小限の機能で小さく始めて、利用者や関係者からのフィードバックを継続的に得ながら調整を繰り返すのだ。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media