阪急オアシスでAIカートを使ったレジ無人化の実験、東芝テックなどと

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

阪急オアシスで実証実験を行う画像認識AIを搭載したショッピングカート
画像認識AIを搭載したショッピングカートを実験で使用する

 エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは4月12日、東芝テックおよび同社の出資先であるニュージーランドのイマージャー(IMAGR)と共同で、画像認識AI(人工知能)を使ったレジ業務無人化の実証実験を始めると発表した。

 H2Oリテイリング傘下の阪急オアシスが運営する「阪急オアシス中之島店」(大阪市北区)で、画像認識AIを搭載したショッピングカートを使った実験を行う。東芝テックのPOSシステムとイマージャーのAIカートシステムを連携させ、利用客が商品をカートに入れるだけで商品を認識する。

 カートに入れた商品の名前と価格は、スマートフォン(スマホ)のアプリに表示する。利用客は自分のスマホに専用アプリをダウンロードし、カートとスマホをペアリング(無線接続)する必要がある。

 従業員や利用客自身が商品のバーコードを読み取る必要がないため、レジ業務の合理化と買い物体験の向上を期待できる。将来的には、利用客が買うのをやめた商品の情報や買い上げの順序といった行動データを、品揃えや売り場づくりの活用することを想定している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media