楽天ペイ、スギ薬局とジャパンの全店で利用可能に、JR西日本グループの商業施設でも

ダイヤモンド・リテイルメディア社
Pocket

スギ薬局
「スギ薬局」と「ジャパン」の全1194店舗で楽天ペイでの支払いができる

 スギホールディングス傘下のドラッグストア「スギ薬局」とディスカウントストア「ジャパン」で5月20日から、楽天子会社の楽天ペイメントが運営する、スマートフォン(スマホ)を使ったQRコード決済サービス「楽天ペイ」が利用可能となった。

 対象はスギ薬局とジャパンの全1194店舗(4月末店舗)で、楽天会員であればスマホにダウンロードした専用アプリで支払いができる。利用代金は登録したクレジットカードで決済される。

 楽天ペイでの支払い200円に付き、「楽天スーパーポイント」が1ポイント貯まる。登録したクレジットカードが「楽天カード」の場合は、100円に付き1ポイントが加算される。

 ドラッグストア大手では、ウエルシアホールディングスが4月9日から傘下の「ウエルシア」「ハックドラッグ」など約1800店舗で、楽天ペイによる決済を導入している。

 また、JR西日本の子会社が運営する「ルクア大阪」(大阪市)、「プリコ神戸」(神戸市)、「金沢百番街」(金沢市)、「岡山一番街」(岡山市)など28の商業施設に入る約3000店舗でも、6月から順次、楽天ペイが使えるようになる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media