【JR西日本】広島駅ビルを建て替え25年春に開業、2万5000平方メートルの商業施設も

2019/03/18 00:00

JR西日本広島駅ビル
広島駅ビルのイメージ図

 

 JR西日本は3月15日、広島駅ビルを建て替え、2025年春に開業すると発表した。新駅ビルは地上20階・高さ約100メートルの高層ビルで、広島市の新たなランドマークとなりそうだ。

 

 新駅ビルは商業施設とホテル、駐車場で構成され、このうち商業施設の店舗面積は約2万5000平方メートル。JR西日本子会社の中国SC開発がショッピングセンターを運営するほか、松竹が運営するシネマコンプレックスが出店する計画だ。

 

 高層階ではJR西日本グループが新規ブランド「ホテルヴィスキオ」(400室規模)を運営する。

 

 駅ビル2階には路面電車が乗り入れ、JRの在来線や新幹線の改札口から段差なく移動できるようにする。

 

 建て替え工事に伴って、駅ビル「アッセ」は20年3月末に閉館する。

 

■広島駅ビル建て替え計画の概要

所在地広島県広島市南区松原町2-37ほか
建築面積約1万4000平方メートル
延床面積約11万1000平方メートル
構造・規模地上20階・地下1階、高さ約100メートル
用途商業・ホテル・駐車場

 

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media