驚異の集客力!ロピア奈良1号店「ミ・ナーラ店」の売場を解説 今夏には2号店の出店も

矢野清嗣
Pocket

●加工食品・菓子・酒類
随所に差し込んだローカル商品、韓国食材も充実

 続いて店舗中央のゴンドラゾーンで展開する加工食品売場を見ていこう。目を引いたのが、「ローカル商品」の扱いだ。

 加工食品売場では、一部棚のゴールデンライン付近に張り出し陳列でローカル商品を並べており、たとえばスパイスコーナーでは、宮崎県の食肉メーカー「中村食肉」のオリジナルスパイス「マキシマム140g」(399円)を販売。酢コーナーでは、京都の老舗メーカー「孝太郎の酢」の「京風すし酢360ml」(399円)、はちみつコーナーでは、奈良の「やまと蜂蜜」の「てんてきの糖120g」(599円)などを扱う。

写真右は、大阪府の老舗酒造メーカー「能勢酒造」が製造する「能勢ジンジャーエール250ml」( 109円)。こうしたローカル商品を積極販売するのもロピアの特徴の1つ。写真左は、日本食研製造のロピアオリジナル商品「肉たらし500g」(299円)。

 そのほかにも、東京都の「ろく助・塩白150g」(999円)、大分県の「ヘルカンパニー・地獄の一撃150ml」(599円)、山形県「三吉麹屋・手仕込み麹味噌500g」(379円)など、大手チェーンではあまり見られない個性的なローカル商品を売場内の目立つ場所で推奨販売している。

 ロピアでは、企業メッセージを記した「ロピア語録」を店内随所に掲げている。このロピア語録の1つに、「ロピアでしか買えない価値がある」というフレーズがある。ローカル商品はこれを体現した商品と言える。単に安さを追求するだけでなく、こうした価値ある商品を発掘し、売場でしっかりと売り込む姿勢もロピアの強さの1つであろう。

「韓国食材」を充実させている点にも注目だ。菓子では18品目、麺では9品目、調味料では38品目のほか、定番の「韓国海苔」7品目を扱う。今回の調査では3日間店舗を拝見したが、これら韓国食材はよく売れており、お客に受け入れられているようだった。

●菓子・酒類
酒類はスピリッツ・ジンが充実!

 菓子売場では、チョコレートに力を入れているようで、24尺のスペースを割いている。大袋菓子の扱いも目立ち、「明治・チョコレート効果カカオ72%26枚」(299円)、「ネスレ日本・キットカットミニ12枚」(159円)など、33尺で53品目を扱う。どの商品も安く、多くのお客が手にとっていた。

 酒類は商品を絞り込んでいるが、スピリッツとリキュールに力を入れており、3尺4本のスペースを割いて、「サントリー・レモンサワーの素」、「キリンビール・ピーチツリー」、「合同酒精・電気ブラン」、「サントリー・翠」などを揃える。

●まとめ
店内は売り切れ御免の様相!早くも奈良2号店を出店へ

 一般的な食品スーパーの売場にいると、店内を巡回して従業員に指示を出している人物を見かけることが多い。しかしロピアではそうした人物を見かけることはまったくと言っていいほどなく、売場にいるスタッフはひたすら商品を補充している。おそらく、商品が売れすぎていて、指示を出す必要がなく、補充および発注が各スタッフの最大の仕事となっている様子だ。これほどの来客数があっては仕方がないのかもしれない。

 この好調ぶりは想定どおりなのか、ロピアは今夏~今秋に奈良県2号店「ロピア大和郡山店」(奈良県郡山市)の出店を予定している。同店は、ホームセンターの「コーナン大和郡山筒井店」への出店であり、関西1~3号店と同じくホームセンター内店舗となる。すでに“勝ちパターン”の1つとなりつつあるホームセンター内の出店により、奈良県の食品シェア奪取にはずみをつけることになりそうだ。 

(店舗概要)
店名 ロピア ミ・ナーラ店
住所 奈良県奈良市二条大路南1-3-1
開店日 2021年4月29日
売場面積 約570坪(歩測)
営業時間 9:00~19:00
駐車台数 約1200台(モール全体)
アクセス 近鉄奈良駅からバス約15分

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media