MEGAドン・キホーテUNY美濃加茂店オープン 衣料品を武器に他社と差別化を図る!

2019/11/12 05:41
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(東京都/吉田直樹社長:以下、PPIH)傘下のUDリテール(神奈川県/片桐三希成社長)は1029日、岐阜県美濃加茂市にドン・キホーテ(東京都/吉田直樹社長)とユニー(愛知県/関口憲司社長)のダブルネーム店舗「MEGAドン・キホーテUNY美濃加茂店」(以下、美濃加茂店)をオープンした。旧「アピタ美濃加茂店」から業態転換した同店は、20196月開業の「MEGAドン・キホーテUNY鈴鹿店」(三重県鈴鹿市:以下、鈴鹿店)に続き、ユニーが運営する衣料品専門店「APITA CLOTHING」(アピタクロージング)を導入しているのが特徴だ。

MEGAドン・キホーテUNY美濃加茂店
MEGAドン・キホーテUNY美濃加茂店

若いファミリー層の獲得に注力

 美濃加茂店は、JR太多線「美濃川合」駅から徒歩約11分の場所にある。店舗のすぐ近くには国道21号線があり、クルマで来店しやすい立地だ。建物は3階建てで、営業部分は12階。1階には直営の食品売場やユニーが運営する衣料品専門店のアピタクロージングとテナント、2階には直営の非食品売場とテナントが入っているという構成だ。売場構成とテナントの中身はほぼ変えておらず、旧店舗の売場レイアウトを踏襲している。

 美濃加茂店ではこれまでの業態転換店舗と同様、アピタ時代に取り込めていなかった3040代の若いファミリー層の獲得に注力する。そのため、1階の食品売場では、菓子や飲料、インスタントラーメンなどの商品を中心に低価格を訴求する。また、生鮮3部門の各売場とPPIH傘下のカネ美食品(愛知県/園部明義社長)が運営する総菜売場では、大容量パックの「メガ盛」をリーズナブルな価格で展開し、育ち盛りの子供がいる家庭の需要に応える。

生鮮各売場と総菜売場ではファミリー層の需要に応え「メガ盛」を展開する
生鮮各売場と総菜売場ではファミリー層の需要に応え「メガ盛」を展開する

 また、ファミリー層獲得のため、生鮮を中心に大幅な値下げ企画を毎日行う。たとえば鮮魚部門が製造を担当する寿司では、通常1000円程度のマグロの握りを半額近く値下げした500円で販売するなど、お客の目を引く施策に取り組む。

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media