速報スマートストア化したトライアル新宮店 ITと人手で顧客体験を最大化させる!

2019/05/07 05:00
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治

トライアルホールディングス(福岡県/亀田晃一社長)は4月19日、メガセンタートライアル新宮店をスマートストアとしてリニューアルオープンした。3000坪を超す大型店をスマートストア化するのは初。スマートストア化により、顧客の非計画購買をコントロールすることに加え、店づくりそのものも従来のトライアル店舗とは大きく異なっており、消費者の感性に訴えかける売場を初めて作り上げた。2019年、業界人がまずは見るべき店である。

お客の状況に合わせ、提案内容を変える!

 メガセンタートライアル新宮店は、1Fが食品、2Fが衣料・住関連で構成される売場面積約3600坪の大型店である。同店は福岡市のベッドタウンとして人口急増中の新宮市内にあり、改装前から同社のフラグシップストアとして福岡県内でも最大の売場面積を誇る繁盛店であった。最寄駅はJR「福工大前」駅で、博多駅から15分ほどで着く福岡市郊外の駅(福工大前駅は福岡市東区)。そこから徒歩約16分で新宮店に着く。

 同店の取り組みは大きく2点ある。1つ目はスマートストア化によって、顧客の購買行動を変える仕掛け、そして2つ目は売場づくりと商品政策を大きく変えて、お客が“ワクワクして、つい買ってしまう”店づくりだ。言い換えれば、スマートストア化と新たな売場づくりを導入することによって、リアル店舗の魅力を最大限に高めている店だということだ。

 トライアルQuick大野城で一部時間帯を無人運営にしたことから、トライアルのスマートストアとアマゾンゴーと比較するメディアも多い。だがこれを鵜呑みにしてはいけない。トライアルのスマートストアの本質は、アマゾンゴーなどが進める無人店舗の方向とは180度異なり、店舗における顧客の購買行動を変化させることにある。つまり、マーケティング活動の意味合いが強いのである。

 「リアル店舗の良さは、サービス、買い物の楽しさ、そして計画していない商品に出会う点にある。一方ECは、計画したものをさっと買う便利さとデータを使ったマッチングに強みがある。お客はネットで全ての買い物が成立するわけではなく、リアル店舗は新しいテクノロジーを使って進化し、お客により良いサービスを提供すべきだ。トライアルとしては楽しい売場、良い商品がお手頃で変える売場を作ることで、購買行動の8割を占める非計画購買において、トライアルで買って頂ける割合を最大化していきたい」とトライアルホールディングスの西川晋二CIOが語っている通りだ。

 さて新宮店は、過去最大規模の店をスマートストア化したという点で初の取り組みになる。1500台のAIカメラを使って、店内商品の欠品を効率的に防止するとともに、顧客の状況に応じてサイネージの提供映像を変えることで、購買行動に変化を促す。今回トライアルのAIカメラで行うことは、①店頭の棚在庫状況の認識、②目の前のお客の状況の認識だ。

左が非カート、右がカート。サイネージに映し出される商品の形態が異なることがわかる
左が非カート、右がカート。サイネージに映し出される商品の形態が異なることがわかる

 ②では今回店内にある200台のデジタルサイネージのうち、1箇所で実にユニークな取り組みを行なっている。それは、お客がカートを使って買い物をしているか、そうでないか(つまりカゴを持つか、手ぶら)を認識して、それに応じた規格の商品の広告をサイネージに映し出す点だ。

 お客がカートを押してAIカメラの近くに来た場合は飲料のケース入りの広告をサイネージで映し出し、カゴを持っている場合やカゴも持たない場合は飲料1本の広告を映し出す。顧客の状況に応じた、最適な広告を出すことで、お客の購買行動を変えるねらいがある。随時この実験を広げていき、まずは50台のサイネージでこの仕組みを導入する考えだ。

次のページは
AIカメラを使った広告の未来とワクワクする売場づくり!

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media