【イオン九州】「イオンショッパーズ福岡店」をオフィスとの複合施設に

2019/03/26 00:00

イオンショッパーズ天神
商業施設部分の面積は約1万2871平方メートル(通路を含む)で、14店のテナントが入る。

 

 イオン九州は福岡市の繁華街、天神地区にある「イオンショッパーズ福岡店」をオフィスとの複合施設に改装する。地下1階から地上4階を商業施設「天神ショッパーズ福岡」(愛称)として4月25日に先行オープン、地上5階から8階は今秋をめどにオフィススペースに改装する。

 

 イオンショッパーズ福岡店は1971年に「ダイエーショッパーズプラザ福岡店」としてオープンした。上層階をオフィススペースにして安定的な賃料収入を得るとともに、商業施設部分にはオフィスワーカーのニーズに応えるショップや商品を揃える。

 

 1階には九州で人気のフレッシュジュース専門店くだものかふぇ(大分県宇佐市)と福岡市の地域商品「のむヨーグルト 伊都物語」の商品を提供する「THE JUICE SHOP」が新規出店、2階にはカフェやコワーキングスペースを併設した書店「TSUTAYA」が近隣の福岡ビルから移転オープンする。

 

 イオン九州直営の地下1階食品売り場では、有機食品や減塩食品、低カロリー食品など健康面に配慮した商品の品揃えを強化、地上1階に焼き立てパンを提供する「Bread Factory パン工場」を新たに設置する。

 

 商業施設部分の面積は約1万2871平方メートル(通路を含む)で、14店のテナントが入る。営業時間は地下1階から地上2階が午前8時から午後11時、3〜4階が午前9時から午後9時。

 

関連キーワード:

© 2019 by Diamond Retail Media