愛媛のスーパー「フジ」で大人気の”週末限定弁当” 驚きのコスパと中身とは?

雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

中四国エリアで食品スーパーやショッピングセンターなどを運営するフジ(愛媛県)。同社の総菜部門で人気を集めているのが「週末限定まんぞく弁当」だ。その名のとおり週末限定で販売される弁当だが、売場に並ぶやいなやすぐに多くのお客が集まるほど。フジの新店「フジ四国中央店」(愛媛県四国中央市)を取材した折、早速試食してみた。

週末限定で2種類を展開 この日は「鮭のっけ」or「エビカツタルタルのっけ」

週末限定まんぞく弁当
週末限定まんぞく弁当。売場に並ぶとすぐに手に取っていくお客も多い

 「週末限定まんぞく弁当」の価格は税抜498円。開店直後から売場に並べられていったが、すぐに手に取るお客も多く、みるみるうちに数が少なくなっていくほどの売れ行きを見せていた。

 取材日(9月18日午前中)に並んでいたのは「鮭のっけ満足弁当」と「エビカツタルタルのっけ満足弁当」の2種類。発泡スチロール製の箱に入っており中身は伺い知れないが、POPに俯瞰写真が掲載されており、それを見る限りかなりボリューミーな印象だ。取材もそこそこに早速2種類とも購入し試食してみた。

ふっくらとした鮭と大葉が効いた鶏つくねがうれしい「鮭のっけ満足弁当」

鮭のっけ満足弁当
鮭のっけ満足弁当(移動中に多少崩れてしまった)

 まずは「鮭のっけ満足弁当」から。商品名のとおりメーンは銀鮭の塩焼きで、のり弁の上にドンと置かれている。ザ・鮭弁という感じだ。その傍らにはちくわの磯辺揚げときんぴらごぼうにお口直しの桜漬。もうこれだけで弁当として成立しそうな布陣だ。

 銀鮭はこの類の弁当ではよくありがちなパサつきはなく、身がふっくらとしていることに驚かされた。焼き加減もいいのか皮もおいしく食べられる。磯部揚げは油っぽさが少なく、またサイズもちょうどよく感じた(1本まるまるだと意外に胸焼けする)。そしてきんぴらごぼうも決して脇役のレベルではない。甘すぎず酸っぱすぎずちょうどいい塩梅。

鮭のっけ満足弁当
もう1つの主役は鶏つくね

 しかしこれで終わりではないのが「満足弁当」たる所以。おかずとして「コロッケ」「厚焼き玉子」「小松菜のお浸し」、そしてPOPでも色を変えて強調されるほど推されている「軟骨入り鶏つくね(大葉入り)」が詰め込まれている。甘辛いあんかけ状のソースがかかっているが、大葉がいいアクセントになってさっぱりと食べられる。

 ここでもう1~2品口に入れたいなと思ったところで半切れのコロッケ厚焼き玉子が残っていて一安心。最後におひたしを口に運べば大満足だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media