生鮮売上高のコロナ反動減に効く妙薬はあるのか?ベジスコア、スキンパック、消費者の関心を引く試みとは

宮川耕平(日本食糧新聞社)
Pocket

 スーパーマーケット(SM)業界3団体の年次統計によると、2020年の生鮮3部門の売上高は、既存店ベースで7.4%増でした。総売上高は5.0%増ですから、生鮮品の販売が全体をけん引したかたちです。しかし反動によって今年4月の生鮮3部門は8.3%減となりました。とはいえコロナ禍の行動制限が続いた効果もまだあり、19年対比では5.9%増ですから月次としては異例の伸長率ではあります。つまり生鮮3品にとって、コロナ特需の反動はこれからが正念場になるのでしょう。
この1年余りで増えた生鮮素材の使用機会をいかに残していくか。コロナ反動減に対する抗体を持てるかどうかは、来期にかけて続くSMの課題になるはずです。そこで今回は、生鮮に関わる最近の取り組みから、消費者の関心をとらえ、生鮮ニーズの持続につながりそうな試みを取り上げます。

店内で真空パックする「フローズンフィッシュ」(イオンスタイル川口)

野菜の摂取量を「見える化」

 ダイエー(東京都/近藤靖英社長)が店頭で実施する企画に、参加者の野菜摂取の状態をスコア化するイベントがあります。「ベジメータ」という機器で指先から計測、「ベジスコア」として可視化するものです。光学センサーを皮膚にあて、野菜や果物にしか含まれないカロテノイドを測定するのですが、皮膚の状態は血液中のカロテノイド濃度と相関性が高く、その血中カロテノイド濃度は野菜・果実の摂取状況を測るのに最適の指標とされ…、要するにその人が野菜不足かどうか、ある程度信用の置けるデータが取れるらしいです。

 自分の野菜摂取の状態がスコアになる。これほどに野菜摂取を促す方法はないでしょう。あらゆる改善活動は、計測から始まります。ダイエットは体重計に乗ることから始まり、ウォーキングの習慣は万歩計を身につけることからではないでしょうか。

野菜摂取の状態を店頭で計測できれば、来店動機は高まる?(サミット鳩ヶ谷駅前店)

 サミット(東京都/服部哲也社長)が3月に改装した鳩ヶ谷駅前店(埼玉県川口市)には、ドラッグストアのトモズと協業で運営する健康サポートコーナー「けんコミ」が新設されました。セルフで行えるさまざまな計測機器を常設する中に、野菜摂取量を計測する「ベジチェック」という機器があります。ダイエーの事例とメーカーは異なりますが、光学センサーで皮膚のカロテノイド量を測定する点は同じです。

 鳩ヶ谷駅前店の取材時に私も計測してみたところ、そこそこの野菜不足という判定が出ました。以来、私の昼食にサラダが加わる機会が格段に増えています。朝には果実、夕食も野菜を増やすよう意識するようになりました。通える店で計測できるのであれば、私なら毎週のように測りに行くでしょう。あるいは光学センサーで測定可能なら、スマートウォッチの機能に加わらないかなと思うくらいです。計測-購入-摂取のループにはまり込んだら、抜けられなくなる人は多いのではないでしょうか。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media