ローリングストック=食べながら備える新しい備蓄方法

2020/08/13 07:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

近年、頻発する自然災害や新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛により、備蓄食に関心が高まっている。なかでも日常的な常温保存可能な食品を一定量ストックしながら食べていく、ローリングストックという、新しい食料備蓄の考え方が広がっている。そこで今回は、デイリーストックアクション実行委員会・委員長の池上紗織氏と副委員長の梅沢義明氏にローリングストックの目的や必要性などを聞いた。

災害時の食事のストレスを減らすために

デイリーストックアクション実行委員会委員長 池上紗織氏一般社団法人日本ソイフードマイスター協会代表理事と副委員長(DSA三陸事務局)梅沢義明氏
デイリーストックアクション実行委員会委員長 池上紗織氏一般社団法人日本ソイフードマイスター協会代表理事(左)と副委員長(DSA三陸事務局)梅沢義明氏(右)

 ローリングストックとは、言葉のとおり、ストック(備蓄)をローリング(回転)させることで、食べながら備える、という新しい食料備蓄の考え方だ。非常食といえば、乾パンなどの賞味期限の長い食品のイメージだが、実際に常備している家庭でもどこに置いて、賞味期限がいつまでなのかきちんと把握しているだろうか。備蓄をしていても、いざという時に役立たない可能性もありそうだ。

 そこでデイリーストックアクション実行委員会が中心となって進めているのが「DAILY STOCK ACTION」(DSA)。「常温保存可能食品を常に一定量ストックしながら日常的にも使っていこう」という新しい備蓄スタイルの推進運動だ。

 災害発生時、居住可能な場合は自宅待機が原則。自宅には1週間分の備蓄食料があると安心だが、非常時のためだけにそれだけの量を揃えるのは大変だ。そこで常温保存が可能な食品を日常的に使っていくことで、食品の選択肢が広がり、ストックも容易になる。

 「東日本大震災の時には多くの人が在宅避難されていましたが、道路が通行止めになり物流がストップし、食料調達が困難でした。開いている食品スーパー(SM)があったとしても長蛇の列で必要な食品が買えない、という場合も多いと思います。配給があっても2週間3食菓子パンが続くこともあり、栄養不足が心配です。また、アレルギーがあれば食べられないこともあり、家族に合ったものを揃えておく必要があります。ふだんから食べ慣れていないものは災害時にはストレスとなるので、家族に合ったものを知っておくことが重要です」と、デイリーストックアクション実行委員会・副委員長の梅沢義明氏は話している。

 食事は生きるためにだけでなく、楽しい団らんの時間でもある。非常時だからこそ食べ慣れた食事ができることは心身ともに必要なことだといえそうだ。 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media