シーズン本格到来前に振り返りたい、「台風接近」の時の売場づくりとは

常盤勝美
Pocket

間もなく今年も本格的な台風シーズンがやって来ます。今のうちから、台風対策に関するウェザーMD(商品政策)のポイントをまとめておきましょう。

iStock/FrankRamspott

台風シーズン到来に向けた準備事項

 自店舗所在地が抱える自然災害リスクの種類と大きさを把握するため、自治体などが作成するハザードマップの確認をしておきましょう。ハザードマップでは、主に大雨による土砂災害・浸水害の発生危険度、津波・高潮による浸水危険度、火山噴火による降灰危険度を知ることができます。また、ハザードマップへの記載はありませんが、近くを走る鉄道が雨や風の影響をより受けやすい路線かどうかも把握しておく必要があります。

 台風に関する統計データを確認しておきます。最新の平年値(1991年~2020年の観測データに基づき計算)によると、月別発生数が最も多いのは8月で5.7個、月別上陸数が最も多いのは9月で1.0個となっています。年間での平均上陸数は3個です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
発生数 0.3 0.3 0.3 0.6 1 1.7 3.7 5.7 5 3.4 2.2 1 25.1
上陸数 0.0 0.2 0.6 0.9 1.0 0.3 3.0

※出典:気象庁HP(https://www.data.jma.go.jp/yoho/typhoon/statistics/average/average.html)

 現在、気象庁では台風の実況と5日先までの予報を発表しています。実況値は3時間ごとに、進路予報は6時間ごと(3時、9時、15時、21時)に更新されます。台風情報の予報の中での重要な着目点は、①コース②時間(速度)③強さです。

 まず「コース」のポイントについて。台風の中心が当地の東側・西側、北側・南側を通過するかによって、想定される影響と基本的な対策も少し変わってきます。下表で確認ください。

台風との位置関係 ポイント MD上の注意点
西側を通過
(台風の東側に位置する)
風、雨、波、全般に被害が甚大となりやすい あらゆる被害を想定した危機管理を
東側を通過
(台風の西側に位置する)
西側通過時と比べると被害の規模は小さいことが多い 店舗運営上の通常モードへの切り替えを早めに
北側を通過
(台風の南側に位置する)
台風の持ち込む熱帯の空気が入り、気温が上がる 蒸し暑い陽気で、飲料、アイスなどの需要が伸びる
南側を通過
(台風の北側に位置する)
北風強く、時に寒気を引き込むため、気温は下がる 時期によってはホットメニューの展開を拡大

 次に時間(速度)に関するポイントについて見ていきす。台風の予報というと、コースばかりに目が行きがちですが、台風がまだ離れたところに位置している段階での予報では、コースはほぼ適中しても、最接近時刻が実際とがずれることがあります。早い段階の予想では、最接近のタイミングに±1日程度の誤差を想定しておきたいところです。

 強さに関するポイントについては、最接近時に予想される台風の強さによっても、対策のレベルが異なります。台風の強さは、中心付近の最大風速によって「猛烈な」「非常に強い」「強い」「―(強さに関する表現なし)」の4つのランクに分けられます。もし台風直撃の可能性があり、その時の台風の強さが「強い」以上の場合は、当日休業を積極的に検討すべきでしょう。状況によっては「―(強さに関する表現なし)」の予想の場合でも休業を検討すべきですが、一方で影響被害がかなり小さく、ほぼ通常営業できる場合もあります。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media