4年ぶりとなるエルニーニョ現象が目前に——今夏・秋・冬、小売店が気をつけるべきことは?

常盤勝美
Pocket

気象庁の発表によると、エルニーニョ現象が今夏までに発生する可能性は80%。もし発生すれば、2019年春以来4年ぶりになります。他方で21年秋から今年はじめにかけて発生していたラニーニャ現象の影響は今年7月まで残るとみられ、今から冬にかけての天候不順は十分に想定されます。ここで改めてエルニーニョ現象時の典型的な気候変化の特徴を整理するとともに、小売店が講じるべき対策について指摘していきます。

Daria Nipot/iStock

エルニーニョ現象発生時の、季節別天候の特徴

 気象庁の集計によると、エルニーニョ現象が発生した際の天候の特徴(季節別)は以下のとおりです。

表1 季節別地方別、エルニーニョ現象時の気温・降水量の特徴

  北日本 東日本 西日本 沖縄・奄美
気温 高いか並 並か高い 高い
降水量 少ない 多い
気温 低いか並 低い 低い 低い
降水量 多いか少ない
気温 並か低い 並か低い 低い 低い
降水量 少ない
気温 高い 高い 高い
降水量 少ない 多い 多い 多い

※太字+下線は、統計的に有意であることを示す

 すべての地方、すべての季節において指向性が見られるわけではありません。同じ季節であっても地方によって傾向が異なる場合もあります。この表から読み取れる傾向を基に、今後のマーチャンダイジング(MD)のポイントを以下に解説します

続きを読むには…

この記事は DCSオンライン会員(無料)、DCSオンライン+会員限定です。
会員登録後読むことができます。


DCSオンライン会員、DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態