実践ウェザーMD #5 21年3月は低温傾向の時期あり、ホットメニューの扱いに注意!注目カテゴリーは?

Pocket

本稿では今後毎月、主に流通小売企業本部(営業企画担当部署)の皆さまに向け、計画立案の参考にしていただくことを目的に、気象庁の発表する「3か月予報」の中でも最も未来(3カ月目)の予報をベースにした、ウェザーMDの実践方法についての考え方を示していきます。今回は、気象庁が2020年12月25日に発表した3か月予報をベースとした、2021年3月のウェザーMDのポイントを解説します。春シーズンのスタートの時期ですね。

2020年3月の天候

 まず、前年(2020年)3月の天候を振り返ります(図表①参照)。2020年3月は、北日本から東日本を中心に記録的な高温となりました。天気変化パターンはおおむね例年どおりでしたが、低気圧の通過するコースなどの関係で日本付近は南からの暖かい空気が入りやすかったのが高温の要因です。月の半ば頃、上空に強い寒気が南下したものの一時的でした。

 また、全国の気象台のうち約4分の1で、3月としては観測史上1位あるいは1位タイの高温を記録しました。なお降水量はおおむね平年並の地域が多かったのですが、北日本の太平洋側では平年よりかなり多くなりました。付近で低気圧が急速に発達して荒れた天気となることがあったためです。

図表① 2020年3月の天候振り返り(上:気温、中:降水量、下:日照時間)

 2020年3月の、特筆すべき天気に関する出来事は図表②のとおりです。客足あるいは販売動向に影響していると思われるものもあります。実績データの検証をされる際、あるいは前年のデータをもとに今年の予算を立てる際など、参考にしてください。

図表② 2020年3月の天気に関する特筆すべき出来事

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media