ついにヨーロッパ本格進出!21年7月、丸亀製麺がロンドン・リバプールストリートに出店 コロナ禍でめぐってきたチャンスとは

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

トリドールホールディングス(東京都/粟田貴也社長、以下:トリドールHD)は、21年7月に同社が展開する讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」をイギリス・ロンドンに出店することを発表した。世界的にコロナ禍が続く中、なぜ今ヨーロッパへの本格進出を決断したのか、出店に当たっての新たな取り組みや今後の展望などについて、同社執行役員 海外事業本部本部長 杉山孝史氏、海外事業本部 FC開拓部部長 菅聡氏に話を聞いた。

丸亀製麺ロンドン店

なぜ今ロンドン出店なのか?

 トリドールHDの主力事業である「丸亀製麺」は、打ちたて・茹でたてのうどんをセルフサービス方式で提供する讃岐うどんチェーンだ。同チェーンは2011年、初の海外進出となったハワイ・ホノルルでの大成功を皮切りに、アジアやアメリカ、ロシアなど、現在まで世界11の国と地域で約240店舗を展開、積極的に海外出店を行ってきた。そんな中で、ヨーロッパへの本格進出の足掛かりとなるイギリスへの出店は、何年も前から構想しつつ実現していなかった、いわば”悲願”のひとつだった。

 進出が難しかった背景のひとつには、高額な賃料がある。ロンドンでは、集客の見込める好立地は、保証金や権利金などの初期賃貸費用が日本円で億単位になることも珍しくない。海外でも日本同様、低価格でうどんを楽しんでもらうことを前提としている丸亀製麺としては出店を躊躇する額だ。

 しかし、出店のチャンスが意外にもコロナ禍で巡ってきた。ロックダウンなどの影響でテナントに空きが続出、大幅に賃料が下がったところにすかさず参入した。現在イギリスでは段階的なロックダウンの緩和が進められており、6月には全面解除が予定されていることを踏まえて、7月オープンに踏み切った形だ。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media