ユニクロ柳井正社長「アジアの人々が最高の服を着られる時代にしていきたい」

2019/10/17 05:04
ダイヤモンド・チェーンストア編集部 齋藤綾奈

2019年8月期通期決算説明会で登壇したファーストリテイリングの柳井正会長兼社長。柳井氏は、海外展開の勢いが増す中、2020年に向け国内でも新たな出店を計画している。そんな柳井氏がめざすファッション企業の方向性とは?記者からの質問に答える柳井氏の言葉をまとめた。

「今から世界に出ていく」

――今期、主力のユニクロ事業で初めて、海外ユニクロ事業の営業利益が国内を上回る結果となりました。改めて振り返ってみて、海外事業を拡大してきた背景をお聞かせください。

柳井 海外展開は、中国をはじめとして勢いをもって進めてきました。先日、ミラノ1号店、インド1号店に行って、「いよいよ今から世界に出ていく。始まるな」という実感がありました。僭越ながら、ユニクロというブランドが世界中で受け入れられるようになってきたと思います。

――日韓関係の悪化で不買運動が続いており、韓国事業の売上が低迷しています。韓国事業の見直しは考えているのでしょうか。

柳井 (韓国事業の見直しは)まったく考えていません。われわれは、その国に行けば、その国の国民のために“本当によい服を、元気よく、明るく提供する”ということが大事だと考えています。この状況がずっと続くということはないと思いますので、日韓関係悪化の影響については、楽観的な考えを持っています。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media