コンビニ売上高、全店ベースで6年5ヵ月ぶりのマイナス、既存店は2ヵ月連続減

2019/08/21 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

主要コンビニエンスストアの7月の売上高は、既存店ベースで2.5%減となった。 写真はロイター

 日本フランチャイズチェーン協会が発表した主要コンビニエンスストアの7月の売上高は、全店ベースで前年同月比0.6%減、既存店ベースで2.5%減となった。全国的に梅雨明けが遅く、気温が低い日が多かったため、飲料やアイスクリーム、冷やし麺など夏物商材の売れ行きが悪かった。

 全店ベースの売上高がマイナスとなるのは6年5ヵ月ぶり。既存店は2ヵ月連続のマイナスとなった。既存店の客数は4.7%減、客単価は2.3%増だった。雨が多かったため、行楽需要も影響を受けた。

 商品部門別の既存店売上高は、たばこを中心とする非食品は1.9%のプラスだったものの、弁当・総菜などの日配食品が2.0%減、飲料・アイスクリームなどの加工食品が7.7%減、チケットなどのサービスが0.7%減だった。

 大手3社の既存店売上高は、セブン-イレブン・ジャパンが3.4%減で2ヵ月連続のマイナス、ファミリーマートは1.7%減で9ヵ月ぶりのマイナス、ローソンは2.3%減で4ヵ月ぶりのマイナスだった。

コンビニ大手3社の既存店売上高(2019年7月)

企業名 売上高 客数 客単価
セブン-イレブン・ジャパン ▲3.4 ▲5.6 2.3
ファミリーマート ▲1.7 ▲3.6 1.9
ローソン ▲2.3 ▲4.5 2.3

前年同月比(%)、▲はマイナス

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media