ライフコーポ、粗利益率改善で19年2月期の利益が上振れ、営業収益は下方修正

2019/04/08 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア社

食品スーパー大手のライフコーポレーションは4月5日、2019年2月期の連結営業利益を発表した。

 食品スーパー大手のライフコーポレーションは4月5日、2019年2月期の連結営業利益が前期比0.8%増の122億円になったと発表した。従来予想は10.7%減の108億円だったが、一転して増益となった。

 プライベートブランド商品の拡販などにより粗利益率が改善したほか、販売管理費を抑制した効果が出た。純利益も従来予想を5億5000万円上回り、前期比12.1%増の73億5000万円となった。

 営業収益については、競争環境の激化などにより前期比3.1%増の6985億円と従来予想を75億円下回った。同社は18年9月に通期の営業収益予想を110億円引き下げたが、修正予想にも届かなかった。

■ライフコーポレーションの2019年2月期連結業績予想(単位:百万円)
営業収益 営業利益 当期純利益
前回発表予想(A) 706,000 10,800 6,800
今回発表予想(B) 698,500 12,200 7,350
増減額(B−A) △7,500 1,400 550
前期比増減率 3.1% 0.8% 12.1%

 △はマイナス

 

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media