コメリ、上期減収減益も業績トレンドは右肩上がり 将来的に3000店舗展開をめざす戦略とは

兵藤雄之
Pocket

コメリ(新潟県/捧雄一郎社長)は2022年3月期第2四半期の決算発表を行った。営業収益は1969億4300万円、営業利益177億4300万円、経常利益178億6600万円、四半期純利益120億2900万円だった。対前年同期比は、22年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」を適用しているため参考値となるが、営業収益が前年同期比3.2%減、営業利益同13.9%減、経常利益同14.0%減、四半期純利益同14.9%減で、減収減益の結果となった(前年同期についても、当該会計基準を適用したと仮定した数値)。

コメリ ハード&グリーン妙高店の外観イメージ

過去5年業績では増収増益トレンド

 コメリは減収減益の要因について、前期(21年3月期)はコロナ禍の影響で業績が大きく伸びた期であったことを踏まえ、過去5年推移から見れば「営業収益、営業利益ともに右肩上がりのトレンド上にある」としている。既存店売上については、前年同期比6.1%減だが、前々年との比較では1.6%増と、前年をイレギュラーとすれば確かに増収傾向にあるといえる。

 カテゴリー別では、とくにリフォーム資材・エクステリア用品で買い上げ点数、客単価が上昇。前年比3.3%増、前々年比では15.8%増の303億600万円となった。工具・金物・作業用品は340億7700万円(前々年比9.6%増)、園芸・農業用品は554億6600万円(同9.4%増)だった。家電・レジャー用品も前々年比では4.7%増の202億6500万円。日用品・ペット用品(302億3900万円)、インテリア・家庭用品(155億2000万円)、燃料他(18億2800万円)は、前々年比でもマイナスの結果となった。

 新規出店は大型店の「パワー」が3店舗、同社の主力業態である「ハード&グリーン(以下、H&G)」が2店舗、資材・建材などの専門店である「PRO」1店舗の計6店舗。一方で、業態転換・移転増床にともないH&G3店舗を閉店し、22年3月期第2四半期末の店舗数はパワー79店舗、H&G1,117店舗、PRO7店舗、インテリア用品専門店の「アテーナ」8店舗の合計1,211店舗となった。このほか6月25日、タイ1号店として「コメリハード&グリーン パノムサラカーム店」をオープンした。また改装では、当初計画通り、第2四半期実績として、94店舗、約4万3000坪のリニューアルを実施した。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media