ローソン、ウーバーイーツでOTC医薬品を配達、福岡の2店舗で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ローソンの従業員から商品を受け取るウーバーイーツの配達員
「ローソン博多店」(福岡市)と「ローソン久留米シティプラザ店」(久留米市)の2店舗で、風邪薬や目薬、胃腸薬など第2類、第3類の医薬品49種類の配達に対応する。

 ローソンは4月22日、福岡県内の2店舗で料理宅配のUber EATS(ウーバーイーツ)を使ったOTC(一般用)医薬品の配達サービスを始めた。新型コロナウイルス感染予防の観点から外出自粛が求められる中で、医薬品がすぐにほしいという需要に対応する。

 ローソンは東京都内の4店舗でOTC医薬品の配達に対応しているが、東京以外では今回の2店舗が初めて。「ローソン博多店」(福岡市)と「ローソン久留米シティプラザ店」(久留米市)の2店舗で、風邪薬や目薬、胃腸薬など第2類、第3類の医薬品49種類の配達に対応する。

 利用者はウーバーイーツのアプリで当該の店舗と購入したい医薬品を選択した後、注意事項を確認するなどして注文を確定する。ローソン店舗ではOTC医薬品のみを別の袋に入れ、登録販売者が確認した上で、ウーバーイーツの配達員に渡す。

 ローソンでは3月末時点で251店舗がOTC医薬品を取り扱っている。また、ウーバーイーツとドイツ発のfoodpanda(フードパンダ)経由での食品や日用品の配達には、1562店舗が対応している(4月22日時点)。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media