ヤマダ電機、都市型店舗「LABI」に大塚家具の商品導入、4店舗をリニューアル

2020/02/06 10:19
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ヤマダ電機、都市型店舗「LABI」に大塚家具の商品導入
家電と家具を組み合わせた生活シーンを提案する

 ヤマダ電機は2月7日、都市型店舗「LABI」の4店舗をリニューアルオープンする。リニューアル店舗では大塚家具の商品を導入、家電と家具を組み合わせた生活シーンを提案する。

 リニューアルオープンするのは、「LABI1 日本総本店 池袋」(東京都豊島区)、「LABI品川大井町」(東京都品川区)、「LABI1なんば」(大阪市浪速区)、「LABI LIFE SELECT 千里」(大阪府豊中市)の4店舗。

 ヤマダ電機と大塚家具は2019年2月に業務提携し、ヤマダ電機の一部店舗で大塚家具の商品を販売するなどしてきたが、同年12月にヤマダ電機が大塚家具を子会社化。今後はヤマダ電機の店舗やEC(インターネット通販)サイトで大塚家具の商品の取り扱いを増やし、同社の業績立て直しを支援する。

 ヤマダ電機は17年から、家電のほかに家具やインテリア商品を取り扱い、注文住宅や住宅リフォームの受け付け、不動産賃貸なども行う「家電住まいる館」を展開しており、19年12月末現在で108店舗に増えている。

 家電住まいる館は郊外型店舗が中心だが、今後は都市型店舗でも家具など品揃えの幅を広げていく。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media