反動減からついに脱出? 家電量販店の台風の目になるのは……大手家電7社を分析

棚橋慶次
Pocket

ヤマダホールディングス(群馬県:以下、ヤマダHD)、ビックカメラ(東京都)、ケーズホールディングス(茨城県)、エディオン(大阪府)、ノジマ(神奈川県)、上新電機(大阪府)、大手家電量販店6社の中間決算が発表された(ビックカメラは通期)。今回は非上場で大手のヨドバシカメラを加えた家電量販店大手7社の業績(成長性)を分析し、家電業界やマーケットの動向について考察してみたい。

ヤマダ電機外観

家電販売額は2020年に過去最高を更新

 各社の業績を検証する前に、家電量販店市場全体の構造と動向をおさえておこう。

 商業動態統計(経済産業省)の「第5部家電大型専門店販売」によると、国内の家電量販店の店舗数は2664(2022年9月末)と、2014年の2446から200店舗ほど増えている。

 商業動態統計の家電大型専門店の販売額は、過去10年間4兆円台で推移する。コロナ特需もあって、2020年は4.79兆円と過去最高を更新。2021年はその反動で落ち込んだものの、4.68兆円は過去2番目の水準だ。個別企業では業界首位のヤマダHDの売上高が圧倒的で、最新の通期売上高(2022年3月期実績)は約1.6兆円と2位以下を倍近く引き離す。

ヤマダ、ケーズらが減収……各社の中間決算は?

 各社の中間決算を見ていこう。2023年3月期上期(4~9月、ビックカメラは2022年8月期通期)の決算で減収となったのは、ヤマダHD(対前期比3.2%減)、ビックカメラ(同1.3%減 ※)、ケーズHD(同1.5%減)、上新電機(同1.4%減)の4社だ。
※収益認識に関する会計基準変更に伴う影響を加味しない数値
 四半期(3カ月)ごとの実績だと、ヤマダHDが6四半期続いての前年同期比マイナスで、1年半にわたり水面下から脱していない。ビックカメラは5四半期連続、ケーズHDと上新電機も6四半期連続と、いずれも1年以上のマイナスが続いている。

 一方、エディオン(同0.7%増)とノジマ(同0.6%増)の上期決算は増収で着地している。エディオンの第2四半期(7~9月)の売上高は同1.4%増と1年半ぶりにプラスに転じた。ノジマは2022年3月期通期決算でも2ケタの増収を果たしており、上昇基調が続いている。

 ヨドバシカメラは非上場なため細かい情報を得られなかったが、同社ホームページによると、売上高は2016年3月期以来、6期連続で前期実績をクリアしているとのことだ。

1 2

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態