無印良品、「コオロギせんべい」を開発、徳島大学と協業で

2019/11/22 10:13
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

無印良品、「コオロギせんべい」を開発、徳島大学と協業で
昆虫食は栄養価が高く環境への負荷も少ないことから、世界的に注目されている

 「無印良品」を展開する良品計画は11月21日、食用コオロギを素材にした「コオロギせんべい」を開発したと発表した。売価は未定だが、2020年春に無印良品の一部店舗とオンラインストアで発売する。

 昆虫食は栄養価が高く環境への負荷も少ないことから、食糧問題や環境問題の解決につながるとして注目されており、国連食糧農業機関(FAO)も家畜の代替として昆虫食を推奨している。

 良品計画では、昆虫食を研究する徳島大学と協業し、商品化を実現した。量産されたコオロギをパウダー状にして、せんべいに練り込んだ。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media