サッポロドラッグストアー、韓国CJグループのH&BC専門店と業務提携

ダイヤモンド・ドラッグストア編集部
Pocket

 サッポロドラッグストアー(北海道札幌市、富山睦浩社長)は、ヘルス&ビューティケア(H&BC)の専門店を展開する韓国のCJ olive young株式会社(韓国ソウル市、ホミンホ 代表理事、以下CJオリーブヤング)との業務提携を発表した。今後は両社間において人材交流をおこない、販売ノウハウの共有や、取り扱う商品を相互に補完 していく。

 CJオリーブヤングの親会社であるCJグループは、もともとサムスングループの製糖事業が発祥で、以後サムスンからは分離独立。現在はフード& フードサービスを中核事業に、バイオ・ファーマ事業、エンターテイメント・メディア事業、そしてCJオリーブヤングを含むリテール&ロジスティクス事業を 展開する流通コングロマリットだ。

 CJグループは1999年にH&BC専門店を韓国で初めて出店。2002年には香港の流通大手デイリーファーム社と折半で出資してCJオリーブヤ ングを設立した。2009年にはデイリーファーム社より全株取得し完全子会社化。ソウル首都圏を中心に韓国全土で73店舗(2009年7月現在)を展開し ており、2008年の売上高は約1000億ウォン(約85億円)で、韓国のH&BC流通チャネルとしてはトップに位置する。20代~30代の女性 をコアターゲットとし、売上高構成比はビューティケアが約50%、ヘルスケアは約10%を占めている。

 サッポロドラッグストアーでは、今回の業務提携以前から韓国のH&BC商品を展開していたが、今後はCJオリーブヤングの仕入れ機能をいかして品 揃えの幅を広げていく考え。また、CJグループではリテール&ロジスティクス事業部内にCJオリーブヤングのほか、テレビやインターネットを介した販売 チャネルを展開しており、共通の商品も販売する。リアル店舗との相乗効果を生み出す無店舗でのマーケティング手法を取り入れていく方針だ。

 そして、エンターテイメント・メディア事業部の持つ若い女性向けの訴求力、「引き付けられるようなインパクトある内装や、商品ディスプレイなどを取り入れていきたい」(富山睦浩社長)という。

 CJオリーブヤングの店舗はすべて直営だが、今後はフランチャイズによる出店を強化し、2011年末には300店舗、2013年末には500店舗 体制とする中長期計画を立てている。しかし韓国国内では、香港資本のワトソンズが店舗網を拡大しており、それに対抗すべき戦略が必要となっていた。

 韓国では日本のような卸機能がほとんどないため、CJオリーブヤングでは日本ブランドの商品は商社経由の仕入れを中心に売上高の約2%にとどま る。今後は日本の高付加価値のH&BC商品をサッポロドラッグストアーを介して強化し、ワトソンズを含め競合との違いを明確にしてきたい考えだ。

 また、韓国における医薬品の販売は、販売資格を持つ薬店だけが扱える規制があるが、今後は規制緩和の見込みもある。「韓国には本当の意味での DgSという業態は存在していない。サッポロドラッグストアーの医薬品販売の手法を早くから学びたい」とホミンホ代表理事は話し、商品政策とともに将来を 見据えた医薬品展開でも業務提携のメリットをいかそうとしている。

 両社では今後バイヤーの相互交流を深め、商品補完を最優先に実現させていく方針で、サッポロドラッグストアーでは、今秋にはCJオリーブヤングから仕入れた商品を日本国内の店舗で展開する見込み。マツモトキヨシホールディングスとの提携関係に大きな影響はないという。

サツドラ(サッポロドラッグストアー)の記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態