2012/12/06

【イトーヨーカ堂】 シニア向け電子マネーの対象年齢を60歳に引き下げ

 イトーヨーカ堂は12月15日からシニア世代向けの電子マネー「シニアnanaco(ナナコ)カード」の対象年齢を60歳以上に引き下げる。これまでは65歳以上となっていたが、対象年齢を拡大することで、シニア層の来店を促す。

 

 また、シニアナナコの会員を対象に店頭表示価格から5%割引く優待日「シニアnanacoデー」を従来の毎月15日加えて、毎月25日にも実施する。さらに、店舗で購入した商品を自宅まで届けるサービス「きいろい楽だ」の配送料金を通常の315円から80円に割り引く。

 

 シニアナナコカードはヨーカ堂の全国168店舗で発行。発行手数料は65歳以上が無料、60~64歳は300円となる。

 

 大手スーパーではイオンが9月15日から55歳以上を対象としたクレジットカード「G.Gイオンカード」と電子マネー「G.G WAON(ワオン)」の発行を開始、毎月15日に5%の優待割引を実施している。