三越伊勢丹HD、「クイーンズ伊勢丹」を再子会社化、投資ファンドから株式取得

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

クイーンズ伊勢丹のイメージ
2018年に譲渡した株式を買い戻し、完全子会社化する

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は4月26日、食品スーパー「クイーンズ伊勢丹」を運営するエムアイフードスタイル(東京都新宿区)を再子会社化すると発表した。三菱商事系の投資ファンド、丸の内キャピタルから株式を買い戻す。

 三越伊勢丹HDは2018年4月にエムアイフードスタイルの株式を譲渡したが、三越伊勢丹グループの事業再生計画に一定のめどが立ったことから、株式を再取得することにした。

 現在、エムアイフードスタイルの株式は丸の内キャピタルが運営するファンドが66.0%、三越伊勢丹が34.0%を保有するが、66.0%の株式を買い戻し、完全子会社化する。取得日は6月10日を予定する。

 取得額は公表していないが、株式再取得に伴い三越伊勢丹HDは約39億円の特別利益を23年3月期に計上する。エムアイフードスタイルはクイーンズ伊勢丹の運営のほか、食品の製造加工卸を手がけており、21年3月期の売上高は428億円。

 三越伊勢丹HDは同日、22年3月期の連結業績予想の修正も発表した。まん延防止等重点措置が延長された影響で売上高は従来予想を70億円下回る4180億円(前期は8160億円)となるが、経費削減の効果で営業利益は55億円(前期は209億円の赤字)と従来予想を25億円上回ったようだ。また、持分法投資利益の増加や繰延税金資産の計上により、純利益は120億円(前期は410億円の赤字)と従来予想から50億円の上振れとなる。

 なお、同社は22年3月期から「収益認識に関する会計基準」を適用している。同基準を適用しなかった場合の売上高は9210億円となる見通し。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media