中国JDドットコム、香港に重複上場へ=関係筋

ロイター
Pocket

中国JDドットコムのロゴ
3月16日、関係筋によると、米国に上場する中国の電子商取引大手JDドットコムは、香港株式市場への重複上場に向け、バンク・オブ・アメリカ、UBSと契約を結んだ。写真は中国で昨年10月撮影(2020年 ロイター/ALY SONG)

[香港 16日 ロイター] – 関係筋によると、米国に上場する中国の電子商取引大手JDドットコムは、香港株式市場への重複上場に向け、バンク・オブ・アメリカ、UBSと契約を結んだ。

早ければ今年半ばにも香港に上場する可能性があるという。

中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングも、米国と香港への重複上場を実現している。

JDドットコムの現在の株式時価総額は582億ドル。同社は重複上場についてはコメントを控えた。両行もコメントを控えている。

JDドットコムは先に、第1・四半期が少なくとも10%の増収になるとの見通しを示している。新型コロナウイルスの感染拡大で消費者が外出を控えており、ネットショッピングが増えているという。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media