イオンモール、インドネシアに4号店、初の都市型商業施設

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

インドネシア4号店となる「イオンモール タンジュン バラット」完成イメージ
オフィスや集合住宅を含む複合開発プロジェクトの基幹施設として出店。全面開業は2022年を予定する

 イオンモールは11月18日、インドネシア4号店となる商業施設「イオンモール タンジュン バラット」を一部先行オープンする。同社としてはインドネシアで初の都市型モールとなる。

 同モールは、首都ジャカルタの中心部から南へ約15kmの南ジャカルタ地区に出店する。計画地では、土地所有者であるシナルマスランド社が、オフィスや集合住宅を含む複合開発プロジェクトを進めており、イオンモール タンジュン バラットはその基幹施設となる。モールの全面開業は2022年を予定する。

 同モールの敷地面積は約5万5000㎡、総賃貸面積は約4万㎡で建物は地下3階・地上6階建て。核店舗の「イオン」のほか、アパレル専門店の「H&M」「ユニクロ」など約180店舗がテナント出店する。

 また、中国のEC(インターネット通販)大手、京東集団(JD.com)のインドネシア法人JD.IDが、ジャカルタ初出店となる家電量販店「JD.IDエレクトロニック」を出店する。JD.IDのウェブサイト内にイオンモールの仮想店舗を出店したり、ライブ動画の配信を行ったりするなど、JD.IDとは集客面でも協業する。

 イオンモールは2023年以降、インドネシアで「イオンモール デルタマス(仮称)」を出店する計画もある。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media