ヤフーがECサイト「PayPayモール」、ヤマダ電機やサンドラッグなど600店が出店

2019/10/18 09:31
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

各社のロゴ
ホームセンターのDCM、スポーツ用品のゼビオなども出店する

ヤフーは10月16日、EC(インターネット通販)サイト「PayPay(ペイペイ)モール」を開設した。スタート時点では家電の「ダイソン」や化粧品の「@cosme shopping(アットコスメ・ショッピング)」などが出店。今後もヤマダ電機やサンドラッグ、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)など約600ストアが順次出店する予定だ。

 ヤフーはECサイトとして「ヤフーショッピング」を展開しているが、ペイペイモールは同社の出店基準を満たした有名ブランドや大手企業に限定して運営する。同社とソフトバンクの合弁で運営するスマートフォン(スマホ)を使ったバーコード決済サービス「ペイペイ」と連携し、登録者数が1500万人を超えたペイペイのユーザーを同モールに誘導する。

 経済産業省が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象ストアで購入すると、ペイペイのボーナスが最大で購入金額の16%付与されるキャンペーンを実施する予定。10月末にはペイペイモールの専用スマホアプリの提供を開始する。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media