PayPay、後払いサービスの提供開始、翌月まとめて支払い可能に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

PayPayの後払いサービス
「PayPayあと払い」は一括払いのほか、リボ払いも利用できる

 スマートフォン決済サービスのPayPay(東京都港区)は2月1日から、当月利用した金額を翌月にまとめて支払える「PayPayあと払い」の提供を開始した。PayPayアプリで登録手続きをすると、バーチャル(仮想)カードが発行され後払いが利用可能となる。

 PayPayあと払いは、事前に残高をチャージ(入金)しなくても支払いに利用できる。高校生を除く18歳以上が対象で、本人確認など所定の手続きと審査が必要。

 これまでも属性や利用状況に応じて一部のユーザーに後払いサービスを提供していたが、支払い方法は一括払いのみだった。PayPayあと払いでは、リボルビング払いも利用できる。

 後払いは、米国でバイ・ナウ・ペイ・レイター(BNPL)と呼ばれ、EC(インターネット通販)を中心に利用が広がっている。日本でも、ファミリーマートが2021年9月から電子マネーサービス「FamiPay」で、翌月まとめて支払える「ファミペイ翌月払い」を始めるなど、後払いサービス提供の動きが広がっている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media