記事タイトルバナー
 IoTやAI(人工知能)活用とITの進化は加速している。流通業でも、そうしたIT革新に乗り遅れまいとする先進的な情報戦略へのチャレンジが進められている。もとも
 ドラッグストアモリの親会社ナチュラルホールディングスによるザグザグの株式取得、コスモス薬品、ダイレックスの躍進など、九州のドラッグストア業界の競争環境が大きく
 本セミナーでは、小売業界担当の証券アナリストとして高い評価を得ている、いちよし経済研究所の柳平孝氏が、食品を強みとする食品スーパーと、食品小売市場で存在感を増
 人口減少、少子高齢化といった社会構造の変化に、日本の小売市場は直面している。経産省の商業動態統計によれば、2016年の国内小売販売額は139兆8770億円で前
 IoTの活用が小売業の競争戦略に新たなイノベーションをもたらそうとしている。あらゆるモノがネットでつながれ、通信ネットワークを介して生成されるデータの収集・分
 小売業はオムニチャネル時代を向かえ、デジタル化が進行し、顧客と企業の接点が拡大するなかで、顧客はSNSで情報を発信するとともに様々なチャネルを通して小売業との
 ダイヤモンド・リテイルメディアとSAS Institute Japanは、2016年12月14日に都内で「ダイヤモンド・リテイルメディア・カンファレンス201
企業の同質化を問題視される中、自社のビジネスモデルの確立を考え、安易なモノマネをせず、流行に踊らされることなく、オリジナリティを追求して、自ら市場を創造する企業
 デジタルによる創造的な破壊の波が押し寄せる小売業界にとって、ビジネスやオペレーティングモデルそのものを再考することは喫緊の課題です。あらゆるモノがネットでつな
ホームセンター(HC)の成長エンジンはどこにある?海外では顧客に支持される新しいHCのスタイルが確立。ITを活用し、顧客との新たな接点を獲得しています。本セミナ
講演テーマ:顧客起点の物流センター構築のための原理原則 2016年10月14日(金) 13:00~16:30 @明治大学 駿河台キャンパス
 デジタル時代において小売業がパーソナライゼーションによるマーケティングを推進することは他社との差別化を図り競争力を強化・維持するための不可欠な戦略と
流通業でオムニチャネル化が進んでいる。スマホ利用が浸透する中で、自社のECサイトやネットモールでの売上拡大を狙うだけでなく、店舗への集客手段としての有効性が注目
ダイヤモンド・リテイルメディアが毎年お届けする恒例の海外小売業セミナー。2016年度はアメリカとヨーロッパにおいて、それぞれ注目のキーワードを取り上げます。
5年目を迎えるID-POS協働研究フォーラムが獲得した ID-POSデータ活用のベストプラクティス 小売業からID-POSデータの開示が一般的と
急増するデジタルチャネルとモバイルデバイスの普及、ソーシャルメディアの普及拡大は、小売業と顧客の関係を変え、顧客主導で様々なチャネルから商品を購入したり、サービ
ビッグデータ活用、モバイル連携、顧客起点のMD…今後の成長に向けた小売業の取り組みが活発化している。海外の小売業の事例を参考にデータ活用のIT基盤
 アメリカの小売業界はオムニチャネル時代の中で、Eコマースに注力する企業が年々、増加傾向にある。しかしながら、あくまで、店舗を中心に展開している小売業
従来、データ分析は一部の専門家だけのものでしたが、近年全てのビジネスマンにとって必須スキルと言っても過言ではないものになっています。しかしながら、「どう分析する
「機能性表示食品制度」がスタートして半年、届出商品は100品目を越えました。 制度の運用方針への理解が進み、商品設計や手続きのポイントが見えてきました。 一